浜中会津来て見なサイト

福島県内の観光・グルメ・スポットなど、とっておきの「福島遺産」をお届けする
うつくしま福島遺産周遊ぶらりねっと浜中会津来て見なサイト】です。

福島県内各地の「見どころ・食べどころ・感じどころ」の醍醐味を、
【うつくしま福島遺産周遊ぶらりねっと】の視点でお伝えしていきます。

観光イベントカレンダー

※日程に関しましては更新時点での予定です。
再度ご自身で確認をお願いいたします。

福島県の今ドキ「道の駅」シリーズ㉛
福島県側から尾瀬国立公園への玄関口に新たに「道の駅尾瀬檜枝岐」がオープン。
【あらかると2017年11月号より】

29番目の国立公園として平成19年に認定された尾瀬国立公園。道の駅尾瀬檜枝岐は福島県側から向かう最後の玄関口の「道の駅」として今年8月のオープン後、多くの観光客を迎えています。
 
木々の葉が色づき始めた10月中旬。村内を車で走ると平日にも関わらずリュックを背負ったハイカーを多く見かけます。檜枝岐村では裁ちそばや、サンショウウオ等、山で働く男たちが食した山人料理、江戸時代から伝承されてきた檜枝岐歌舞伎、旅人の疲れを癒す温泉など、雄大な自然の中で育まれた文化が今も尚根付いています。その文化や自然の魅力を伝えようと元々、食事処、伝統工芸品店、温泉のあった敷地に観光情報発信に特化した施設「尾瀬檜枝岐山旅案内所」を建設し、既存施設と併せ一帯を道の駅としました。
 
道の駅にはレストランや物産館が併設されている。そう思われている方も多いとおもいますが、この道の駅にはそれらの機能はありません。単なる観光資源としてこの中で完結してしまうのではなく、あくまでも尾瀬、檜枝岐の情報を発信して村の中で文化、自然の魅力に触れて感じてもらうことを目的としています。雪の積もる音を聞いたことがありますか?足早に秋が過ぎ、11月には例年、村内で初雪が観測されます。答えが知りたい方は是非、道の駅で情報収集後、ゆっくりと村内を探索してみてはいかがでしょうか。
 
詳しくは、
尾瀬檜枝岐山旅案内所 → 0241-75-2432
 
道の駅尾瀬桧枝岐インフォメーション