浜中会津来て見なサイト

福島県内の観光・グルメ・スポットなど、とっておきの「福島遺産」をお届けする
うつくしま福島遺産周遊ぶらりねっと浜中会津来て見なサイト】です。

福島県内各地の「見どころ・食べどころ・感じどころ」の醍醐味を、
【うつくしま福島遺産周遊ぶらりねっと】の視点でお伝えしていきます。

観光イベントカレンダー

※日程に関しましては更新時点での予定です。
再度ご自身で確認をお願いいたします。

福島県の今ドキ「まちの駅」シリーズ㉛
会津美里町「まちの駅 にいつる」
【あらかると2018年3月号より】

「まちの駅」シリーズ第31弾。平成17年10月に、高田町、本郷町、新鶴村の3町村が合併した会津美里町。その2ヵ月前に「まちの駅にいつる」として加盟したほっとぴあ新鶴です
 
今年は、例年にくらべ、本当に、雪がよくふり、除雪に暇がありません。地域の方はもちろん、県内外からも多くのお客様が、この新鶴温泉自慢のつるつる美白の湯をもとめていらっしゃいますので、雪かたしにあけくれる毎日です(笑)。この場所は、会津盆地を見おろせる高台にありますので、大浴場の温泉につかりながら、大いなる自然にはぐくまれた会津磐梯山とその麓にひろがる会津盆地の絶妙な風景がながめられる、このうえもない贅沢なひとときをあじわえます。温泉には、特産品を使った「薬用人参風呂」など8種類ありますので、心ゆくまで、存分に、お肌を潤わせていってください。
 
平成2年にオープンしましたので、2年後の2020年には、30年を迎えます。まさに、東京オリンピックの開催の年でもありますので、私たちも、もりあげていこうと思っていますし、今、何かと話題になっているインバウンド対策も、少しずつ取組みはじめています。まちの駅への加盟は早く、まちの駅協議会立上げと同時期の平成17年でしたから、2年後には15年目となります。何につけても、2020年は、この「まちの駅にいつる」にとって、記念すべき年でもあるわけです。当館は、宿泊研修施設として、関東方面からの学生の方々の合宿などを数多く受けいれておりますので、そのなかから、オリンピックに出場できる選手がそだってくれれば光栄です。
 
詳しくは、
まちの駅 にいつる → 0242-78-2820
 
まちの駅 にいつるホームページ