浜中会津来て見なサイト

福島県内の観光・グルメ・スポットなど、とっておきの「福島遺産」をお届けする
うつくしま福島遺産周遊ぶらりねっと浜中会津来て見なサイト】です。

福島県内各地の「見どころ・食べどころ・感じどころ」の醍醐味を、
【うつくしま福島遺産周遊ぶらりねっと】の視点でお伝えしていきます。

観光イベントカレンダー

※日程に関しましては更新時点での予定です。
再度ご自身で確認をお願いいたします。

福島稲荷神社例大祭

福島の中心街にある稲荷神社、市民からは「お稲荷さん」と親しみを込めて呼ばれています。古くから行われている、お稲荷さんの秋の例大祭は3日間にわたり開催され、福島市街地はお祭りムード一色になり、開催期間中の神社周辺はお化け屋敷や射的などの多くの露店が立ち並びます。
また、近隣の各町会ごとに御輿が繰り出し、昼は子供達が軽快なお囃子の響き渡ります。そして、この祭りの最大の見どころは、なんと言っても「連山車」です。
夕闇迫るなか提灯に灯を灯した氏子町会による20基の山車が福島駅前通りに集結し、まちなかを山車を連ねて運行する姿は、圧巻の一言です。(開催期間:10月 体育の日を含む土曜日、日曜日、月曜日)

CAA1C5E7B0F0B2D9BFC0BCD2CEE3C2E7BAD7

 

開催イベント福島稲荷神社例大祭
開催期間平成30年10月6日(土)~10月8日(月)
開催場所福島稲荷神社
お問い合わせ先福島稲荷神社 TEL 024-522-2702
参考ページこらんしょふくしまホームページ

黒岩虚空蔵尊例祭(夏祭り)

丑寅(うしとら)の神様として有名な黒岩虚空蔵尊。冬の例祭では、13詣りといわれ、男女13歳になると虚空蔵様に詣り知恵をもらうという風習があり、子供の身体健護と学問成就を祈願します。また、本祭りの夏祭りでは知恵や子宝を授けるとして参拝者が訪れます。(夏祭り:旧暦7月22日・23日 冬の例祭:旧暦1月12日・13日)

B9F5B4E4B5F5B6F5C2A2C2BACEE3BAD7

 

開催イベント黒岩虚空蔵尊例祭(夏祭り)
開催期間平成30年8月25日(土)~8月26日(日)
開催場所福島市黒岩万願寺内 虚空蔵堂
参考ページこらんしょふくしまホームページ

第36回 福島とうろう流し花火大会

阿武隈川両岸の60本の大たいまつの中を、約6,000個の色とりどりの「とうろう」が川岸に並べられ、花火が夜空を彩ります! 当日17時からの受付で「とうろう」に法名を入れることもできます

第35回 福島とうろう流し花火大会

開催イベント第36回 福島とうろう流し花火大会
開催期間平成30年8月17日(金)
開催場所阿武隈川県庁裏河畔(福島県庁南、福島市渡利地内)
お問い合わせ先福島とうろう流し発興会事務局 TEL:024-549-2080(電話アナウンス)
参考ページこらんしょふくしまホームページ

福島わらじまつり

毎年2月に行われ江戸時代から300余年の伝統を有する「信夫三山暁まいり」に由来して 開催されるのが「福島わらじまつり」です。福島の暑い夏に2日間にわたり行われ、初日は、長さ12m重さ2tの日本一の大わらじを会場に奉納したあと、浴 衣姿の女性、はっぴ姿の男性達が「平成わらじ音頭」にあわせて華やかに踊ります。引き続き、ヒップホップのリズムにのせて繰り広げられる「ダンシングそー だナイト」が行われ、様々なグループが色とりどりのコスチュームで熱く、華麗な踊りを披露します。2日目は、大わらじや山車を引いてタイムを競う「わらじ 競走」が勇壮に行われたあと、「ダンシングそーだナイト」を情熱的にフィナーレまで踊ります。 祭りの期間中は、観光客をはじめ約26万人もの見物客が訪 れ、福島の街は熱く盛り上がります。
 

A4EFA4E9A4B72623124413BBAD7A4EAC2E7A4EFA4E9A4B72623124413B

 
CAA1C5E7A4EFA4E9A4B72623124413BA4DEA4C4A4EA
 

開催イベント福島わらじまつり
開催期間平成30年8月3日(金)~8月4日(土)
開催場所信夫通り(国道13号)
参考ページこらんしょふくしまホームページ

民家園ふれあい祭り

荒井地区のそば粉を使用した新そばの出店(食券制)や繭を使った工作体験、機織り体験、着付け体験や物産販売など内容盛りだくさんのお祭りを開催!今年は機織りや養蚕について体験や実演などを通して学ぶ「ふくしま手織りフォーラム2017」を同時開催!ぜひお越しください!

 

民家園ふれあい祭り

開催イベント民家園ふれあい祭り
開催期間平成29年11月5日(日)
開催場所福島市民家園
お問い合わせ先福島市教育委員会文化課 TEL:024-525-3785

マーチングfromふくしま2017

2020年東京オリンピックの1000日前イベント。福島市が生んだ作曲家古関裕而の功績と偉業を市民にもっと知っていただき、2020年東京オリンピックの開会式にふたたび「オリンピックマーチ」を鳴り響かせるために、古関メロディーを身近に感じて頂く音楽イベントです♪

マーチングfromふくしま2017

開催イベントマーチングfromふくしま2017
開催期間平成29年10月28日(土)
開催場所福島市 街なか広場
お問い合わせ先福島商工会議所 TEL:024-536-5511

ふれ愛つちゆ「夏祭り」盆踊り大会

毎年恒例、土湯温泉の夏の風物詩! 14日は「福引抽選付き盆踊り」、15日は「仮装盆踊り」が行われます!いずれも一般参加可能ですので、皆様お誘いあわせのうえ、ぜひお出かけください!

ふれ愛つちゆ「夏祭り」盆踊り大会

開催イベントふれ愛つちゆ「夏祭り」盆踊り大会
開催期間平成30年8月14日(火)~8月15日(水)
開催場所土湯コミュニティー広場
お問い合わせ先土湯温泉観光協会 TEL 024-595-2217
参考ページこらんしょふくしまホームページ

信夫三山暁まいり

福島市のシンボル信夫山に鎮座する羽黒神社の例祭で、長さ12m、幅1.4m、重さ2tの日本一の大わらじを約100人で担ぎ上げ、福島駅前など市内目抜き通りを練り歩いた後、信夫山の羽黒神社へ奉納します。昔、羽黒神社に仁王門があり、安置されていた仁王様の足の大きさにあった大わらじを作って奉納したことが由来とされ、江戸時代から300有余年にわたり受け継がれています。五穀豊穣、家内安全、身体強健などを祈願し、また、足腰が丈夫になるほか、縁結びの神とも言われ3年続けてお参りすると恋が結ばれるという言い伝えもあることから若い男女の姿が絶えません。最近では、交通安全・合格祈願などにも霊験あらたかと伝えられます。 境内や参道では、縁起物のマサル・だるま・金のわらじ付き破魔矢や干支にちなんだ絵馬・ゆず飴等の露店が軒を並べ、夜半から翌朝にかけて多くの参拝者が訪れます。(開催日2月10日・11日)
 

BFAEC9D7BBB0BBB3B6C7A4DEA4A4A4EA

 

開催イベント信夫三山暁まいり
開催期間平成30年2月10日(土)~2月11日(日)
開催場所福島市信夫山羽黒神社 
参考ページこらんしょふくしまホームページ

金沢の羽山ごもり

国指定重要無形文化財で市内松川町金沢地区の黒沼神社で行われる神事。五穀豊穣と無病息災を祈願し古くから行われているもので、井戸水で水垢離(みずごり)を取り、各種の神事を行う。神事の際にはかつて修験者が用いた「忌み言葉(神に奉仕するための、仏教や不浄に関する言葉の言い換えで)」を用いたり、「ヨイサアの儀」という模擬稲作の予祝行事(五穀豊穣を祝い願う)では古い格調を残したお田植え歌が歌われるなど古い信仰の姿を今に残している。旧暦の11月16日から18日に行われています。

B6E2C2F4A4CEB1A9BBB3A4B32623124413BA4E2A4EA

 

開催イベント金沢の羽山ごもり
開催期間平成30年1月2日(火)~1月4日(木)
開催場所福島市松川町金沢地区黒沼神社
参考ページこらんしょふくしまホームページ

黒岩虚空蔵尊例祭(冬の例祭)

丑寅(うしとら)の神様として有名な黒岩虚空蔵尊。冬の例祭では、13詣りといわれ、男女13歳になると虚空蔵様に詣り知恵をもらうという風習があり、子供の身体健護と学問成就を祈願します。また、本祭りの夏祭りでは知恵や子宝を授けるとして参拝者が訪れます。(夏祭り:旧暦7月22日・23日 冬の例祭:旧暦1月12日・13日)
 
B9F5B4E4B5F5B6F5C2A2C2BACEE3BAD7
 

開催イベント黒岩虚空蔵尊例祭(冬の例祭)
開催期間平成29年1月28日(土)~1月29日(日)
開催場所福島市黒岩万願寺内 虚空蔵堂
参考ページこらんしょふくしまホームページ

ふくしま花火大会

福島の夏の風物詩。福島の暑い夏の夜空を美しく彩る福島花火大会は、市内を流れる阿武隈川と松川の合流点で行われます。厄払いや祈願成就のためのなどの縁起花火、尺玉やスターマインなど約10,000発の花火が次ぎから次ぎへと夜空を彩ります。

A4D5A4AFA4B7A4DEB2D6B2D0C2E7B2F1

 

開催イベントふくしま花火大会
開催期間平成30年7月28日(土)
開催場所阿武隈川・松川合流点
参考ページこらんしょふくしまホームページ

福島七夕まつり

 

福島の中心街で個性的なお店が建ち並ぶ「パセオ通り」と「文化通り」で行われる七夕まつり。 個性的な七夕飾りで彩られた道の両側には、露店や通りにあるお店が外での出店をし、賑わいを演出しています。このころ福島は盆地特有の暑い夏真っ盛りをむかえますが、ひとときの涼感を感じさせてくれるお祭りです。

 

CAA1C5E7BCB7CDBCA4DEA4C4A4EA

 

開催イベント福島七夕まつり
開催期間平成29年8月6日(日)~8月8日(火)
開催場所パセオ通り・文化通り
参考ページこらんしょふくしまホームページ

飯坂けんか祭り

 

奥州三名湯の飯坂温泉にある飯坂八幡神社(いいざかはちまんじんじゃ)では、毎年10月に、「八幡神社例大祭」が行われます。この例大祭は、「飯坂けんか祭り」と呼ばれ、大阪・岸和田の『地車祭り』、秋田・角館の『飾山ばやし』とともに「日本三大けんか祭り」の一つといわれています。
祭りのクライマックス「宮入り」では大勢の若者達に担がれた6台の太鼓屋台が激しくぶつかり合いながら神輿の宮入りを阻みます。(開催期間は10月第1土曜日をはさんだ3日間)

 

飯坂けんか祭り

 

開催イベント飯坂けんか祭り
開催期間平成30年10月5日(金)~10月7日(日)
開催場所八幡神社
お問い合わせ先八幡神社社務所 TEL 024-542-2560
参考ページけんか祭りの飯坂八幡神社

松川提灯まつり

2日目の夜、350個の提灯をつけた12代の山車が松川町を練り歩く。勇壮な提灯山車と町会ごとに競い合う子どもたちのお囃子がみどころ。(開催期間は10月第2土曜日曜日)
 

C8ACC4AECFA2B9E71

 

開催イベント松川提灯まつり
開催期間平成30年10月13日(土)~10月14日(日)
開催場所福島市松川町
お問い合わせ先松川町観光協会 TEL 024-567-2111
参考ページこらんしょふくしまホームページ

岡山水かけ祭り

 

福島県指定重要無形文化財で市内岡島の鹿島神社で行われる水をかけあい悪疫を退散させる奇祭である。昔この地方に悪疫が流行したとき、鹿島神社の神童達が泥水をかけあって悪疫を退散させたといわれる。氏子の中老と若衆達が水をかけあう「水かけ」とその後、祭りの世話人や、この一年間に結婚した新婿を担ぎ出し、わらと一緒に大桶に入れる「桶入れ」が見どころである。

 

B2ACBBB3BFE5A4ABA4B1BAD7A4EA

 

開催イベント岡山水かけ祭り
開催期間平成30年10月28日(日)
開催場所福島市岡島 鹿島神社
お問い合わせ先福島市観光案内所  TEL 024-531-6328又は024-522-8165
参考ページこらんしょふくしまホームページ

あづま総合運動公園・イチョウ並木ライトアップ

あづま総合運動公園中央園路の116本のイチョウが毎年10月下旬から11月上旬に見ごろを迎えます。
また、見ごろの時期に合わせてライトアップが行われ、幻想的な風景を見ることが出来ます。

あづま総合運動公園・イチョウ並木ライトアップ

 

 

開催イベントあづま総合運動公園・イチョウ並木ライトアップ
開催期間平成29年10月21日(土)~11月19日(日)
開催場所あづま総合運動公園
お問い合わせ先実行委員会(福島市観光物産課) TEL 024-593-1111
参考ページあづま総合運動公園

大波の三匹獅子

福島市内に残る唯一の「獅子舞」で、福島市指定の無形民俗文化財であり、大波地区の住吉神社で行われる秋の例祭。 秋の実りに感謝し、五穀豊穣を祈願するのが目的で、その際に獅子舞が奉納される。 オヤ獅子、ナカ獅子、コ獅子の三匹と道化役の道六(とうろく)が、御礼の舞、参拝の舞を含めて9曲を奉納する。三匹の獅子と道六は小学生がその役を務めている。続けて鬼舞が行われ、鬼と鍾馗、農民による無言劇を展開する。 大波地区内4つの集落のうち下組集落の小学生が舞い、中学生が太鼓を担当、地域の民俗芸能を継承してきた。毎年10月の体育の日前日に行われる。
 

C2E7C7C8A4CEBBB0C9A4BBE2BBD2

 

開催イベント大波の三匹獅子
開催期間平成30年10月7日(日)
開催場所福島市大波地区住吉神社
参考ページこらんしょふくしまホームページ