浜中会津来て見なサイト

福島県内の観光・グルメ・スポットなど、とっておきの「福島遺産」をお届けする
うつくしま福島遺産周遊ぶらりねっと浜中会津来て見なサイト】です。

福島県内各地の「見どころ・食べどころ・感じどころ」の醍醐味を、
【うつくしま福島遺産周遊ぶらりねっと】の視点でお伝えしていきます。

観光イベントカレンダー

※日程に関しましては更新時点での予定です。
再度ご自身で確認をお願いいたします。

会津絵ろうそくまつり ~ゆきほたる~

伝統工芸品でもある「絵ろうそく」を知っていただきたいと
いう想いをこめたイベントです。
市内各所に約7000本の絵ろうそくと
雪化粧が交わった「会津幻想」をお楽しみください。

B2F1C4C5B3A8A4EDA4A6A4BDA4AFA4DEA4C4A4EA_C4E1A5F6BEEB-L01

 

 

開催イベント会津絵ろうそくまつり ~ゆきほたる~
開催期間平成31年2月8日(金)~2月9日(土)
開催場所鶴ヶ城、御薬園、市内各所
お問い合わせ先0242-23-4141 (会津まつり協会)
参考ページ会津若松観光ナビ

まちなかライトアップ・まちなか周遊バス夜間運行

会津若松市役所本庁舎やJR七日町駅、歴史的景観指定建造物などを中心にライトアップを行います。ライトに照らされ幻想的な雰囲気に包まれた城下町の新しい魅力に触れてみませんか。また、市内遊覧バス「ハイカラさん」に乗って車中から風情ある夜の町並みを楽しむことも出来ます。会津の夜の観光をお楽しみ下さい!

 

untitled21

 
untitled9
 

開催イベントまちなかライトアップ・まちなか周遊バス夜間運行
開催期間平成30年7月1日(日)~11月30日(金)
開催場所鶴ヶ城・市内各所
お問い合わせ先会津若松市役所 観光課 TEL 0242-39-1251
参考ページ会津若松市ホームページ

十日市

400年以上も前から続いている伝統の
会津地区最大初市。約400店舗の出店があり
約15万人が訪れている新年の風物詩です。
※駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。

十日市

 

開催イベント十日市
開催期間平成31年1月10日(木)
開催場所市中心市街地(神明通り、市役所通り、中央通り、大町通り)
お問い合わせ先十日市実行委員会 TEL 0242-37-2789
参考ページ会津若松観光ナビ

鶴ヶ城元旦登閣(初夢大抽選会)

今年も鶴ヶ城は元旦に開館します。朝の登閣では天守閣5層から会津23万石の城下町の眺望をお楽しみください。
また、元旦に登閣された方には縁起物の「めしべら」を先着順でプレゼントいたします。五穀豊穣、商売繁盛、家内安全の願いを込めてお祓いした縁起物の「めしべら」です。ぜひ手に入れて下さい!

C4E1A5F6BEEB_C5DF11

 

開催イベント鶴ヶ城元旦登閣(初夢大抽選会)
開催期間平成31年1月1日(火)
開催場所鶴ヶ城天守閣
お問い合わせ先(財)会津若松市観光公社 TEL 0242-27-4005
参考ページ会津若松観光ナビ

鶴ヶ城紅葉ライトアップ

紅葉時期にあわせ、鶴ヶ城公園内をライトアップしています。
ライトアップにより、より趣深く、色鮮やかに照らし出された紅葉をお楽しみ頂けます。紅葉以外にも、石垣や各所見どころなどがライトアップされ、夜ならではの鶴ヶ城をご覧頂けます。

不要な眩しさを抑えた、陰影や豊かな光の諧調を生かした心地よいライトアップを、秋の夜長、深い歴史の蓄層された鶴ヶ城でご堪能ください。
 

鶴ヶ城紅葉ライトアップ1

 

開催イベント鶴ヶ城紅葉ライトアップ
開催期間平成30年10月19日(金)~11月18日(日)
開催場所鶴ヶ城公園内
お問い合わせ先会津若松市役所 観光課 TEL 0242-39-1251
参考ページ会津若松観光ナビ

歳の神(芦ノ牧温泉)

歳の神とは、一年の無病息災を願う会津地方の伝統的な行事です。
松飾りや注連縄などで作られており、この歳の神の火にあたると、病気にならないといわれています。
お神酒、甘酒、するめ、餅のふるまいを行いますのでご家族おそろいでいらして下さい。

 

歳の神(芦ノ牧温泉)

 

開催イベント歳の神(芦ノ牧温泉)
開催期間平成31年1月14日(月)
開催場所芦ノ牧ふれあい広場駐車場(旧いづみや前)
お問い合わせ先0242-92-2336 (芦ノ牧温泉観光協会)

会津歳の神(東山温泉)

無病息災を願う伝統の火祭り。昨年神棚にお飾りしたしめ飾りやお供え物をお焚き上げして歳神様を天にお送りし、今年一年の五穀豊穣、無病息災を願うものです。この歳の神の火にあたると、病気にならないと言われてます。

持ち込みは13:00より ~19:00頃まで受け付けします。(誰でも持ち込み可能)
持ち込みの際は、金属類やビニール類は取り除いて持参してください。

 

会津歳の神(東山温泉)

開催イベント会津歳の神(東山温泉)
開催期間平成31年1月14日(月)
開催場所東山温泉市営駐車場内
お問い合わせ先0242-23-4141 (会津まつり協会)

ホタル祭り2018inきたあいづ

 

楽しいイベントとホタルの光のファンタジー。丸ごと一日楽しんじゃおう

 

ホタルの森公園において、北会津地区のシンボルであるホタルの鑑賞会やホタル市(農産物の直売等)、住民手作りの各種イベントを開催します

 

image

 

開催イベントホタル祭り2018inきたあいづ
開催期間平成30年6月23日(土)~6月24日(日)
開催場所会津若松市やすらぎ広場ホタルの森公園
お問い合わせ先あいづ商工会北会津 TEL 0242-58-2381
参考ページ会津若松市ホームページ

東山羽黒山元朝まいり

みちのく独特の白い雪の中、1225段の階段の参道を登り元朝参りする会津の伝統行事。善男・善女で賑わいを見せる。天平元年(729年)建立で会津地方で最も古くから参拝者で賑わう寺社の一つです。
 
東山羽黒山元朝まいり
 

開催イベント東山羽黒山元朝まいり
開催期間平成31年1月1日(火)
開催場所羽黒山湯上神社
お問い合わせ先0242-27-2306 (羽黒山湯上神社)

会津かわひがし八日市

地区に伝わる「皆鶴姫伝説」にちなんで開催される初市として、縁起物の販売や地元商店等により各種のお店が出店します。
 
会津かわひがし八日市
 

開催イベント会津かわひがし八日市
開催期間平成31年1月8日(火)
開催場所JR広田駅前通り
お問い合わせ先0242-75-3511 (あいづ商工会河東)

広田駅前ライトアップ

河東地区で開催される冬の風物詩。
JR広田駅で列車を降りると、色とりどりのイルミネーションがお出迎えします。
会津若松市内から広田駅までのアクセスは、JRの他にも、河東地域コミュニティバス「みなづる号」に乗り、「広田駅」バス停下車でも便利です。
初日には、点灯式を開催します。

 

広田駅前ライトアップ

 

開催イベント広田駅前ライトアップ
開催期間平成30年12月14日(金)~1月31日(木)
開催場所JR広田駅前
お問い合わせ先0242-75-3511 (あいづ商工会河東)

御薬園紅葉のつどい

紅葉の大名庭園が文化の日にあわせて、無料で入園できます。樹木の剪定講習会や、陶芸作品展示会、駐車場では地場産野菜、果物の販売を行います。魅力あふれる庭園でゆったりとした時間をお過ごし下さい。

 

御薬園紅葉のつどい

 

開催イベント御薬園紅葉のつどい
開催期間平成30年11月3日(土)
開催場所御薬園
お問い合わせ先会津若松市観光ビューロー 御薬園 0242-27-2472

七日町カウントダウン&除夜の鐘

和と洋が一体となったカウントダウンイベントです。
七日町駅でカウントダウン、カフェは深夜営業、
阿弥陀寺ではどなたでも除夜の鐘を撞くことができます。

BCB7C6FCC4AEA5ABA5A6A5F3A5C8A5BF2623124413BA5A6A5F3[1]

 

開催イベント七日町カウントダウン&除夜の鐘
開催期間平成30年12月31日(月)~1月1日(火)
開催場所七日町駅前カフェ、阿弥陀寺
お問い合わせ先七日町通りまちなみ協議会 TEL 0242-33-9919 
参考ページ会津若松観光ナビ

御薬園初釜

御薬園で開催される年初めの茶会です。
作法流派は問いませんので、
どなたでもご参加できます。

御薬園初釜

 

開催イベント御薬園初釜
開催期間平成30年1月3日(水)
開催場所御薬園 御茶屋御殿
お問い合わせ先(財)会津若松市観光公社 御薬園 TEL 0242-27-2472
参考ページ会津若松市観光公社

鶴ヶ城公園ライトアップ

東日本最大級の規模で史跡内全体をライトアップします。夜空に浮かび上がる1000本の桜の美しさをお楽しみください。桜の開花時期には夜間登閣を行っており、天守閣から見下ろす桜は幻想的な美しさです。

image

 

image

 

image

 

開催イベント鶴ヶ城公園ライトアップ
開催期間平成30年4月6日(金)~5月6日(日)
開催場所鶴ヶ城公園内
お問い合わせ先会津若松市役所 観光課 TEL 0242-39-1251
参考ページ会津若松市ホームページ

会津十七市町村の物産市場 「会津ブランド館」「The Revival of Aizu’s Culture」

 
会津十七市町村の「ブランド」物産を通し、観光客とのかけはしとなるアンテナショップをめざす「会津ブランド館」から、伝統工芸を現代風にアレンジするという新しいとりくみについて、ショップマネージャーにお話しを伺いました。
震災にも負けず 風評被害にも負けず 大洪水にも負けず
 震災当日の3/11。オープンを目前に控え、慌しく開店の準備に追われていた店舗を、あの地震が襲いました。棚から商品が落ち、什器が倒れるなどの被害に遭い、翌日には原発事故が発生。不安な日々のなか、会津の元気をここから発信していかなければという思いをもって「十七市町村物産市場会津ブランド館」を開店。数ヵ月に渡る風評被害、7月に発生した奥会津の豪雨災害など四重苦に打ちのめされながらも、お客さまからいただいたお手紙や励ましの声に元気をいただき、つづけてくることができました。併設するカフェ「栞」では、11月よりランチがスタート、会津のB級グルメが味わえます。店舗2階では、「匠 ix」と銘打ったワークショップが実施され、市町村各分野の匠との出会いが体験できます。
会津の伝統工芸を生まれ変わらせるプロジェクト
 「会津ブランド館」では、会津の伝統工芸を、もっと身近なものに生まれ変わらせ、次の時代に継承していく活動にとりくんでいます。名づけて「The Revival of Aizu’s Culture」。その一環として、「いっぽの会」とのコラボがあります。「いっぽの会」とは、新しい漆器の在り方を求めて活動する地元の若手女性4人のグループ。9月の第1弾は豆皿、10月の第2弾は漆塗りブックカバー、11月の第3弾は蒔絵トレイ、そして、12月の第4弾が、ワークショップをかねたX’masカードづくりです。今後も毎月第2水曜に新商品発売を予定しています。その他、伝統木工技術の組子(猪苗代町の工房製造)を使ったネックレスやヘアゴム、日本屈指のからむし産地昭和村のからむし織り作家によるがまぐちなど、会津伝統工芸の新たな可能性を、これからも見いだしつづけていきます。
 
 B2F1C4C5A5D52623124413BA5E9A5F3A5C82623124413BB4DB
 

開催イベント会津十七市町村の物産市場 「会津ブランド館」「The Revival of Aizu’s Culture」
参考ページ会津ブランド館